New post

フォントと似合う色を意識してみよう!

le plus

ここ最近、タイポグラフィの本を何冊か読んでいます。

 

文字にも色と一緒で、基本的なキャラクターがあるんじゃないかな?なんて思えるからです。

 

例えば、明朝はマジメで誠実な感じ。クラス委員とか書記会計を一度はやっていそう(笑)

 

ゴシックは社交的で分かりやすい性格な気がします。
体育とか得意そうだし、そういった意味ではクラスの中でも人気者、、、

 

と、話がずれちゃいますね。

 

デザインでは、ギャップを表現するのも一つのテクニックです。
でも、文字のイメージに合う色、を知っておくと、「ハズす」ときの指標になりますよね。

 

ひとつ例を挙げてみますね。

 

 

ooedomu

 

 

※架空の博物館です。

このフォントは『江戸勘亭流P』です。
・・・そのまんま、な名前ですね。

 

 

王道で、博物館のイメージ(歴史的・江戸・文化etc.)がそのまま表れていますよね。
色は、このままの黒でも「筆、墨」という感じでぴったり。
もう一歩踏み込んで、

 

日本の伝統色である藍色や、

 

 

ooedomu165e83

 

 

江戸時代に流行った色のひとつ、団十郎茶も似合います。

 

 

ooedomu9f563a

 

 

団十郎茶とは、当時の人気歌舞伎役者にちなんだ色です。
歴史にそった色を使うと、『似合う!』というひとことにも、より説得力も増しますね。

 

 

※ちなみに、実際にある江戸東京博物館はこんな配色です。
江戸東京博物館 公式ホームページ
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

時代を思わせる配色が、さすがー!

 

 

では逆に、こんな色はどうでしょうか?

 

 

ooedomuff33ff

 

ooedomu33ff66

 

 

両方とも、webセーフカラーを使っています。

 

・・・なんだか、ちぐはぐな感じがしますね。

 

そもそも、江戸時代にこんな蛍光色ってなかったんじゃない??
そんなことを思ったりして、フォントのイメージと文字の響きと、合っていませんね。

 

同じピンクでも、桃色など昔から日本で好まれてきた色の方がしっくりきます。

 

 

ooedomuf09199

 

 

 

 

それぞれに、個性のあるフォント。
そして、テキストから連想するイメージ。

 

カッコ良さそうなフォントと好きな色、だけじゃなく、
それぞれのキャラクターを気にして組み合わせてみましょう。

 

きっと今よりもしっくりくるはずですよ!

 

 

***お知らせです***

◎個別セッションをはじめました。
内容・料金等はこちらです。
http://ichicolor.com/service/

◎オンラインでweb制作に役立つ色彩セミナーを開催しています。
次回の開催はこちらからお問い合わせください。
http://ichicolor.com/contact/

〇お客様の声
「もっとブログを良くすることができる」と力強く感じることができた!

◎執筆依頼はこちらよりお問い合せ下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る