ブログ

わたしがwebカラーコーディネーターになったワケ。

color.pen

 

 

先日、オンラインセミナーをして、あらためて気づいたこと。

 

それは、

配色が苦手・センスがない、、と思ってるひとは多いけど、それって『ただ知らないだけ』だということ。

 

確かに、無数の色からこれ!っていう色を選ぶには多少センスも必要。
でも、美術品や絵画や映画や広告や、とにかくいいデザインを見れば、センスは磨けるんですよね。
(※模写と一緒で、いい配色の真似も大切な勉強法だと思ってます。)

 

だけど、赤系はあったかい、とか基本的な知識を知っていれば、センスに頼らずとも解決できることも多いんです。

 

 

私は、もともと大学で建築・インテリアの勉強をしていて、授業の一環として色彩学を勉強しました。
理論も学びましたが、それより何より、色を見てるだけでワクワク楽しくて・・・。

 

建設会社に就職後、色彩検定のことを知り、その時の仕事に活かせるかなと思って1級の勉強をしました。
残念ながら、デザインの仕事がほぼない会社だったので、実務で生かしきれなかったのですが。

 

 

でも、、

みんながみんな、色彩学を勉強してるわけじゃないんですよね。

気づくのが遅い!

そもそも、そんな機会もあまりないし。

意外にも、デザイナーの方も基礎的な知識はなかったり・・・。

 

それを知ったのが、退職後に通ったwebの専門学校で、でした。

まわりはすごいセンスの持ち主ばかりで、OLな私は『ふつーすぎて』浮いているくらい・・・

 

そんな彼らでも、色彩の授業になると『へーー!』と初めての話ばかりだったようで、私の配色や基礎的な話に、とても興味を持ってくれたのです。

 

 

もしかして、私の知識はここで活かされるのかもしれない。

そんな予感がしました。

 

 

センスがいいひとも、色については感覚で使っています。

センスに自信がない人は、とにかく『色』が分からないと思っています。

 

色について勉強したいなら、ネットでひろってきたり、配色ツールを使ってみたり、紹介されてる本を読んだり、情報収集できます。

 

それでもみんな困ってるのは、『腑に落ちた』感覚がないから、なんだろうなーと。

だから、私はその真ん中に立って、知識のチューニング役になりたい。

そんな思いからブログをスタートしました。

 

このブログを読んで、『どうしていい配色なのか?』が分かった!と、ひとりでも多くの人が思ってくれるとうれしいです!

 
 
 
***お知らせです***

◎webサイトのカラーコンサルティング・カラーチェックをしています。
内容・料金等はこちらです。
http://ichicolor.com/service/

◎オンラインでweb制作に役立つ色彩セミナーを開催しています。
次回の開催はこちらからお問い合わせください。
http://ichicolor.com/contact/

〇お客様の声
「もっとブログを良くすることができる」と力強く感じることができた!

◎執筆依頼はこちらよりお問い合せ下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る